メンソール・メンソーレ
いつか死ぬその日のために、今をひたすら生きているヘタレ大学生の肥溜めブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

即席卒論概要

 いやはや・・・お久しぶりです慧です。
 いよいよ明日はゼミ合宿。
 卒論の中間発表をせねばならないので、先週から平日はバイトを休んで
 よっしゃ卒論がんばるぞー!って思ってたのですが・・・


 ぶっちゃけ、昨日から書き始めました。orz


 卒論の概要すら決まってなかったです。
 でもまぁ、今まで書いてきたレポートを活用させるような構成に
 なったので、まずはOKかな。


 内容のほうは、二節分ぐらいちょこっと書いただけです。
 まぁ、中間発表だしね。


 というわけで、これから学校行って全員分のコピーとってきます。
 一応概要もここに載せておきますね。




タイトル 「死の哲学と死の様式」(仮題)

はじめに
 なぜ死について考えるようになったのか

第一章 死を知る


 第一節 死体に学ぶ「メメント・モリ」
 「メメント・モリ」の意味、他者の死から自分の死を学ぶ、
 死体考察などについて


 第二節 タブー視される死
 前節を受けながら、タブー視されている死についてや、
 死別の悲しみなどについて
 Ex)なぜ、黒が喪の色になっているのかなど


 第三節 死の存在と自己決定
 「死とは何か」「死は誰のものか」という問いかけをしながら、
 死の存在と自己決定について考える


第二章 現代の死生観


 第一節 死の教育
 アルフォンス・デーケンの「死の準備教育」などについて
 死の教育を受けることにより、どんな効果があるか、また、その事例


 第二節 生命倫理
 延命治療や、尊厳死についてなど、主に医療面での生命倫理について
 また、前向きな死と後ろ向きな死を
 手塚治虫のブラックジャックのドクターキリコから学ぶ


 第三節 死の商品化
 死にまつわるサービス業などについて
 葬儀屋、ホスピス、生命保険、墓石コーディネーター、
 新聞のお悔やみ欄など
 また、それは生など一般に「おめでたい」と言われることにまつわる
 サービスに相対しているのではないか、など


 第四節 魂と呼ばれる「こと」
 一般に「死んだ後は体から魂が抜け出る」などと言われていることについて
 魂とは何か、「もの」ではなく「こと」として捉える考え方について


第三章 人生の最期


 第一節 エンディング・ノートを書く
 自分の死の設計書を書くということ
 どこで死ぬか、どのように死ぬか、葬儀はどうするか、など


 第二節 葬の意味
 「なぜ葬儀をするのか」について宗教別に調べ、また、自分の考えも述べる
 葬送儀礼の原点について、ネアンデルタール人の化石の周りに
 花粉がついていたことなどをもとに、葬儀の始まりについて考える


 第三節 葬の事例
 一般に日本や世界で行われている葬儀の事例や、墓に関することもここで述べる


 第四節 新しい葬のスタイル
 今注目されてきている自然葬など、エコロジカルな葬や、
 個性的な葬など、新しい葬のスタイルの紹介など


 第五節 フィナーレを飾る
 人生の最期について思うこと、キューブラー・ロスの
 「死に至るまでの心理過程についてなど
 人は死を成長の機会とし、静かに尊厳なる死を迎えるための心構えが
 必要であるということ
 死ぬまでどう生きるか、人は死ぬまで生きる、ということについて
スポンサーサイト
【2005/09/14 13:58】 死生学・生命倫理 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

PROFILE

慧;ヶィ
  • Author:慧;ヶィ
  • ヘタレ大学生。
    中途半端にいろんなことに手を出すので、
    無駄に役に立たない知識が溜まってゆきます。
  • RSS
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    ↑他の学生さんたちのブログもどうぞ。

    RSS feed meter for http://mentho2.blog7.fc2.com/

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。