メンソール・メンソーレ
いつか死ぬその日のために、今をひたすら生きているヘタレ大学生の肥溜めブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

自由な葬送のスタイルと、その事前設計について

【まとめ】
 近年では、「お墓はいらない」、「葬儀はしなくていい」など、葬送をカスタマイズしようという動きが見られる。
 それと同時に、葬儀のスタイルも多様化してきている。
 最近では「自然葬」といって、多くの人を呼んで葬儀を行ったりはせず、身内だけで慎ましやかに行い、遺骨を土や海などに撒くという葬儀スタイルを望む人も多くなってきている。
 また、墓についても、墓石を故人の好きだった物の形にするなど、ユニークなものが増えたり、遺骨を安置する場所や入れ物についても、多種多様である。
 このような新しいスタイルで葬送を行うとするならば、生前から葬儀プランを立てておかなければならない。
 そうしないと、死亡してからはあっという間に葬儀屋がやってきて、葬儀に対して何もわからない遺族に、葬儀屋で用意した一般的な葬儀プランを勧めるので、ありきたりな葬儀になってしまう。
 しかし、葬儀プランをあらかじめ立てている人は少ない。
 それには以下の理由があげられる。
●葬儀を前もって考えることは縁起が悪い。(死のタブー視)
●葬儀はどれも同じなので考えるまでもない。
●前もって考えたとしても、遺族がそれを実行してくれる保障がない。
 このような理由から、葬儀プランを事前に考える人は少なかったが、最近では、少子化によって自分の死は自分で準備する必要から、葬儀を含め死の事前設計をする人が増えてきた。
 また、死亡してから葬儀するのではなく、生前に自分の葬儀を行うという人もいる。
 葬儀プランを立てるにあたって必要なことは、自分のことだけを考えるのではなく、自分の死に関わる周りの人々の理解を得なければならないということだ。
 自分が死亡してから葬儀を行うのは自分ではなく、遺族であるし、葬儀を行うということは、少なからず手間と費用がかかる。
 また、自然葬で、土に散骨する場合など、法律で認められない土地があるなどという点も踏まえて、葬儀プランを立てなければならない。


【感想】
 去年祖父の葬儀をした時、ごく身内だけで簡単に葬儀を済ませ、祖父の友人がお経をあげてくれた。
 祖父の入る墓はなく、子供たちもバラバラで、結局、一番上の子供である私の母が祖父の遺骨を預かっている。
 まだまだ死をタブー視する傾向がある中で、事前に自分の葬儀について真剣に考え、準備するということは難しいのかもしれないが、これから少しずつ、フリースタイルな葬儀は増えていくだろうと思う。
 また、葬儀には宗教が大きく関わってくるが、特定の宗教に属さない人のためにも、葬儀屋で用意するプランもあらかじめ多様化しておくべきであると感じた。
 日本の葬儀はだいたい仏式が多く、そうでなければ神式かキリスト式という形になっている。
 何もかも色は黒と白に決められ、タブー色が強く現れている。
 自分の死のスタイルを自分で決めるということは、決してタブーなことではなく、最期まで自分らしくあるという、人として当然の権利だということが、広く一般に理解されれば良いと感じた。


【参考文献・資料】
●井上治代「死への実務 自分らしい死と葬送の生前準備」
『AERA Mook 死生学がわかる』 朝日新聞社 2000年 所収

●葬送の自由をすすめる会(山折哲雄・安田睦彦)『葬送の自由と自然葬』 凱風社 2000年

●小谷みどり『変わるお葬式、消えるお墓』 岩波書店 2000年

○ビデオ 「未知なる生命・ヒト THE HUMAN BODY
7.ハービー安らかに THE END OF LIFE」  丸善出版
○「お葬式プラザ 死の総合研究所」
   http://www.osoushiki-plaza.com/institut/index.html
スポンサーサイト
【2005/08/23 23:08】 死生学・生命倫理 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

PROFILE

慧;ヶィ
  • Author:慧;ヶィ
  • ヘタレ大学生。
    中途半端にいろんなことに手を出すので、
    無駄に役に立たない知識が溜まってゆきます。
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    ↑他の学生さんたちのブログもどうぞ。

    RSS feed meter for http://mentho2.blog7.fc2.com/

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。