メンソール・メンソーレ
いつか死ぬその日のために、今をひたすら生きているヘタレ大学生の肥溜めブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

生きているうちに、もう一度会っておきたいから。

 「私は自分自身の延命治療は拒否します。」


 という考えのもとに生きていることは変わりません。
 けれど、延命治療全てが悪いと考えてるわけじゃないんです。


 今日は、延命治療がこうであってほしい、というお話。





続きを読む
スポンサーサイト
【2005/09/17 23:07】 死生学・生命倫理 | トラックバック(0) | コメント(-) |

葬の意味

 これもゼミ合宿で発表したものです。
 卒論の内容の一部になります。
 ネアンデルタール人の話は、昔国語の教科書で読んだ記憶があります。
 確か小学校高学年ぐらいの頃。


 合宿では、N村くんに「これは遺族から見た葬の意味として書かれていますが、
 死者側からの視点では葬の意味はどうだと考えますか?」と質問されました。
 そういえば書いてないやーと思った。
 というのも、葬儀屋さんのホームページを参考にしたから、
 遺族側からの視点になっちゃったんでしょうね。
 で、私が考える「死者側から見た葬の意味」はですね、


 葬儀という儀式で自分の事を知ってもらい、憶えていてもらい、
 思い出という形でみんなの中で生き続けるということ


 だと思うんです。
 だから、私たちは葬儀をするのでしょう。


 そして、「葬」という字を見て下さい。
 「死」という部分は、上のくさかんむりと、下の足の部分に囲まれてますね。
 この二つはどちらも植物を表しているんです。
 このことを踏まえて、レポートのほうを読んでいただけると、
 理解が深まると思います。




続きを読む
【2005/09/17 17:01】 就職活動 | トラックバック(0) | コメント(-) |

死体から学ぶ「メメント・モリ」

 今回のゼミ合宿で発表したもの。
 卒論の最初の部分に組み込む予定のものです。
 まだまだ肉付けしてかなきゃならんのですが、
 人体の不思議展の感想も一緒に書きたくて、
 これに内容盛り込んじゃいました。


 先生はね、人体の不思議展ではみんな「死体」としてではなく
 「標本」として見てるから、何も感じないんだろうと言ってました。
 そりゃーそうだ。
 タイの死体博物館は、標本ではなく死体として展示してるし、
 ホルマリン漬けとかはプラストミック標本より生々しいから、
 気持ち悪いと感じるだろうな。
 人体展は、やっぱり「死=タブー」の意識から、
 あえて「標本」って言ってるんだよね。
 「死体」展示会って言ったら、批判されるだろうから。
 私の中の潜在意識も、「死体」ではなく「標本」として見ていたんだろうなぁ。


 私は内臓グチョグチョのグロ画像よりも、血のほうが苦手。
 血は見るだけで貧血起こすし、5ml採られただけでも貧血起こす。
 血って、人間のつながりっていう意味もあるよね。
 「血縁」って言うじゃん?
 だから、「血がない=人間としてのつながりがない」から、
 血があんまない標本みたいな死体とかは、「モノ」っていう意識が
 余計に強まるのかもしれない。
 血って、人と人とを関連させる大切なものなんだね。


 それから、目も大切かもしれない。
 人体展の標本はほとんど義眼のものが多かったのですけれど、
 義眼ではなく本物っぽい濁った目のものを見たときは、
 ちょっとだけくるものがあった。


 ではでは、発表用のモノをどうぞ。




続きを読む
【2005/09/17 16:43】 死生学・生命倫理 | トラックバック(1) | コメント(-) |

PROFILE

慧;ヶィ
  • Author:慧;ヶィ
  • ヘタレ大学生。
    中途半端にいろんなことに手を出すので、
    無駄に役に立たない知識が溜まってゆきます。
  • RSS
  • 08 | 2005/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    ↑他の学生さんたちのブログもどうぞ。

    RSS feed meter for http://mentho2.blog7.fc2.com/

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。